上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--|スポンサー広告||TOP↑
「電気工事士法」によると「電気工事の作業に従事する者の資格および義務を定め、もって電気工事の災害の発生の防止に寄与することを目的とする」とあります。
住宅、工場、ビル等の電気設備について、工事段階で不完全な施工をすると感電、火災等の思わぬ事故の発生する危険性があります。
経済産業省では、こうした電気工事の欠陥による災害の発生(火災や感電などの事故)を防止することを目的として、電気工事士の資格を定め、一定の資格を持った人でなければ電気工事はしてはならないとされています。

電気工事士の資格には、第1種と第2種の2つがあり、第1種は、ビル、工場、デパートなどの500W未満の工事や、第2種で取り扱うことのできる住宅、店舗の工事まで幅広く取り扱うことができます。

電気工事士の第2種は、住宅店舗などの600ボルト以下で受電する一般の設備工事に従事することができます。
このように電気工事士の資格がなければ電気工事を行う事ができません。
生活の中に不可欠な存在である電気の普及に伴って、電気工事士の仕事は非常に多く、求人も常にあります。

ニーズの高い電気工事士は、不況の世の中で働くには大変有利な資格です。
電気工事士免状は住所地の都道府県知事より交付されます。
電気工事士の試験は、マークシートの筆記試験と実技試験の2段階で行われます。
電気工事主任技術者免許を持っている人は第1、2種とも筆記試験を免除されます。
また、高校などで電気工学の課程を修めた人は第2種の筆記試験が免除されています。
また、第1種の免状については、試験合格後3年以上または、5年以上の実務経験が必要となります。

10/25|国家資格コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
社会保険労務士の資格取得は現在、高齢化、年金制度への不安、労務形態の多様化などでメリットがあります。、社会保険労務士資格取得は、これからの時代に大きな焦点が当たる社会問題のエキスパートとなり、たいへん必要とされる資格です。
社会保険労務士の資格を取得すれば、健康保険や雇用保険、労災、厚生年金などの書類作成業務や、企業の事業主に代わってこれらの提出手続を行う業務、就業規則や賃金規定の策定業務、年金についての相談を受けアドバイスを行うなど、たくさんの業務があります。
社会保険労務士の資格取得は、少子高齢化の日本においての年金問題や不況に伴う経営難による労使間の問題の解決、新しい法律を広く理解させるためなどに重要な役割を担い、国から、企業から、個人からのそれぞれの付託に応えます。

社会保険労務士の資格取得すると、企業の労使間の問題には、リストラや賃下げ、不当解雇、移動についての相談があり、個人からは年金や介護保険についての相談があって、社会保険労務士はコンサルタントとしても需要が増えているので、独立開業も考えられます。

また、近ごろでは労働保険や社会保険の諸手続が電子申請化され、社会保険労務士にそれらの手続を委託する企業も多く、社会保険労務士の資格取得して、独立開業した時、仕事の受注の見通しも立て易いと思います。
社会保険労務士になるには、試験を受けなければなりませんが、これには大学の一般教養科目修了者、短大、高専の卒業者などの受験資格がありますので、確認しておきましょう。

社会保険労務士資格試験は、「労働基準法・労働安全衛生法」「労働者災害補償保険法」「雇用保険法」「労働保険徴収法」「健康保険法」「国民年金法」「厚生年金法」「労務管理・その他一般常識」「社会保険に関する一般常識」などの科目があります。

社会保険労務士試験は合格定員が決められている試験ではないので、合格基準点以上を取れば、順位に関係なく誰でも合格となります。
合格ラインは各科目最低4割、全体で6~7割以上の正解率が目安です。

合格率は9%前後の狭き門となっています。

試験時期   毎年1回・例年8月第4日曜日
試験地   北海道 、宮城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、石川県、静岡県
       愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、福岡県、熊本県、沖縄県

10/24|国家資格コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
不動産鑑定士の資格は、不動産の鑑定評価業務とコンサルティング業務の2つが主な仕事内容となっています。
不動産鑑定士の資格その1
鑑定評価業務
イ)公的評価
国や都道府県、市町村、裁判所等から依頼を受けて鑑定評価を行います。
不動産鑑定士はこの公的評価があるため、安定した収入が得られる資格として一般的に知られています。
公的評価の代表例として、国が依頼者となる「地価公示」があります。
その他、都道府県地価調査、相続税路線価の評価などが挙げられます。
ロ)民間評価
企業や個人から依頼を受けて鑑定評価を行います。
不動産の「売却・購入」の際の鑑定評価や資産価値を知りたいときの「資産評価」等があります。
近年、新しい鑑定評価のニーズとして不動産の証券化、時価会計(減損会計)の導入等に関する依頼が増えています。
不動産鑑定士の資格その2
コンサルティング業務
鑑定評価で培った豊富な経験と知識を活かして、不動産についてのさまざまな相談に対し、アドバイスや指導を行う創造的な業務です。
例えば、土地の有効利用の提案や、マンションの建て替えのコンサルティング、デューデリジェンス、プロパティマネジメント、市街地開発事業の権利調整等があげられます。
不動産鑑定士の資格の業務は、時代の流れを読み、不動産のスペシャリストとして高度の知的サービスを提供し、経営者や投資家等の意思決定にも大きな影響を与えます。

不動産鑑定士の資格の取得には、不動産鑑定士試験に合格しなければなりません。
しかし、短答式試験に一度合格すれば、2年間は短答式試験が免除されるという制度があり、社会人でも資格が取りやすくなっています。
短答式試験
試験地 (6月ごろ) 北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県
論文式試験
試験地 (8月ごろ) 東京都、大阪府及び福岡県
不動産鑑定士の合格率は25%前後で、受験者の半数が30歳以上とされます。
不動産鑑定士を取得すれば、独立して開業すると公的評価の仕事があるため安定した収入が得られます。
また、不動産関係の会社や建設会社では、不動産鑑定士の資格取得が生かせるのはもちろん、金融機関や官公庁、商社においてもニーズが高まっており、転職、就職に有利となることでしょう。

10/22|国家資格コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
臨床検査技師とは医療機関で臨床検査を行う技術者の事で、豊富な知識と高度な技術が必要な、医療分野には欠かせない職業となっています。
臨床検査技師の資格は国家資格であって、年1回試験が行われています。
資格を習得する為の条件としては、医学部臨床検査技術科などの4年生大学か、臨床検査に係わる短期大学や専門学校を修業又は卒業することが必要となります。
他にも薬学部や理学部などで臨床検査に関わる一定の科目を取得していれば、受験資格が得られます。
臨床検査技師の仕事の内容は、微生物学的検査や血清学検査、血液学的検査、超音波や心電図検査といった生理学的検査を、医師の指示に従って行うことです。
その他にも、医動物学的検査や病理学的検査、生化学的検査など、仕事は様々あります。
もともとこれらの仕事は医師が行っていたのですが、検査の技術が進み複雑化してきたため、専門の臨床検査技師の需要が増えてきたとされます。

仕事の適性は、検査結果で得られたデータが、その後の医師の診断・治療の内容に関わってくるので、責任が重い重要な仕事です。ですから、几帳面で、気になることがあれば些細なことでもうのみにせず、徹底的に調べたり、質問する人が向いている資格で職業だと思います。

臨床検査技師の資格試験に合格した後の主な職場は、一般の病院への就職が多いようですが、検査を専門に行うセンターや大学や一般の製薬会社などの研究室、臨床検査センターへの就職も行われています。
保健所や衛生研究所など、臨床検査技師が活躍する場所は多くあるのです。

10/22|国家資格コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
今の日本の少子化の現状に伴って、果たしてこれからは、保育士の需要が少なくなるのではと懸念されます。しかし、実際には、夫婦共働きの家庭が増えることから、むしろ保育士の需要は高く、男性の受験者さえも年々増加しています。
保育士の資格取得は様々な年代が受けている試験になっています。
保育士になるための専門学校や短大へ通って資格を習得する人。通信教育などで勉強して習得する人など、いろんな形で保育士にチャレンジする人が増えています。
保育士の資格は国家資格で、資格を所得するには、年に1回厚生労働省が実施する試験を受ける必要があります。

保育士の資格取得は筆記試験と、実技試験があります。
まず、児童福祉事業概論や児童心理学及などの10科目からなる筆記試験を受験します。
筆記試験の合格者が実技試験へ進むことになります。
実技試験は音楽、絵画制作、一般保育、言語の3分野から出題され、そのうちの2つの分野を選択することになります。

保育士の資格を習得すれば、児童福祉法に基づいて、都道府県に保育士資格の登録をする義務があります。保育士証書が発行されて初めて保育の仕事が出来るという仕組みです。
保育士の仕事の基本的な役割は家庭養育の不足を支援し、保護者に変わって子供の保育をする事であって、幼稚園の教諭とは違い教育するという事には当てはまりません。
その為、0歳児から保育するといった事になりますので、とても責任の重い仕事といえるでしょう。
幼稚園は学校(文科省)ですが、保育所は施設(厚労省)なんです。
保育児童が減っている状況ではなく、むしろ、保育所への待機児童が増える中、保育士を目指す人も多くなっており、仕事先も保育所という枠に限らず福祉施設や託児所、家庭への派遣など様々な場所が仕事場になってきています。

10/20|国家資格コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
気になるサイト
フリーエリア
My Yahoo!に追加 Add to Google
  • seo
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。