上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【関連エントリー】
--/--|スポンサー広告||TOP↑
簿記とは、一言で言うと「帳簿をつけること」になります。
企業や商店など、経済活動のあるところでは、日々の経営活動を記録し、整理して経営、財政の状態を把握する方法で、経理事務には欠かせない知識、技能です。
帳簿は誰がいつ見てもすぐ分かるようになっている必要があるため、一定期間ごとに、一定のルールに従って、記録・計算・整理しなければなりません。
また簿記を身に付けることによって、会計の知識を元に財務諸表を理解でき、経営に関する管理、分析をする事ができるようになります。

一般に簿記と言えば、日本商工会議所の「日商簿記」を指し、1級~4級までのレベルがあります。

日商簿記の1級は、税理士や公認会計士などを目指す人には欠かせない資格で、大学卒業程度の商業簿記、工業簿記、原価計算ができること、財務諸表や企業会計に関する法律を理解して経営分析ができる事などが合格できるレベルとなっています。

日商簿記の2級は、高校卒業程度の商業簿記、工業簿記を身に付け、3級は商店や中小企業の経理事務ができるくらいのレベルとなっています。
4級は、簿記の入門なので初めて簿記を学ぶ人はここから挑戦すると良いでしょう。

この日商簿記を身につけることは、正しく帳簿がつけられるようになり、企業で働く際に利益率を考えられるようになります。

また、独立・開業を目指す人にも自信がもてるようになります。
「自宅で料理教室を開きたい」「脱サラして飲食店を始めたい」「ネットで副業したい」…など独立・開業を目指す方には必須です。
自社及び他社の経営状況を把握できるので、即戦力として役立ちます。

日商簿記の資格は、経理を目指す人なら必須の資格ですし、そうでない人でも営業活動において有利になることでしょう。
スポンサーサイト


【関連エントリー】
10/26|技能検定コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
気になるサイト
フリーエリア
My Yahoo!に追加 Add to Google
  • seo
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。