上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【関連エントリー】
--/--|スポンサー広告||TOP↑
社会保険労務士の資格取得は現在、高齢化、年金制度への不安、労務形態の多様化などでメリットがあります。、社会保険労務士資格取得は、これからの時代に大きな焦点が当たる社会問題のエキスパートとなり、たいへん必要とされる資格です。
社会保険労務士の資格を取得すれば、健康保険や雇用保険、労災、厚生年金などの書類作成業務や、企業の事業主に代わってこれらの提出手続を行う業務、就業規則や賃金規定の策定業務、年金についての相談を受けアドバイスを行うなど、たくさんの業務があります。
社会保険労務士の資格取得は、少子高齢化の日本においての年金問題や不況に伴う経営難による労使間の問題の解決、新しい法律を広く理解させるためなどに重要な役割を担い、国から、企業から、個人からのそれぞれの付託に応えます。

社会保険労務士の資格取得すると、企業の労使間の問題には、リストラや賃下げ、不当解雇、移動についての相談があり、個人からは年金や介護保険についての相談があって、社会保険労務士はコンサルタントとしても需要が増えているので、独立開業も考えられます。

また、近ごろでは労働保険や社会保険の諸手続が電子申請化され、社会保険労務士にそれらの手続を委託する企業も多く、社会保険労務士の資格取得して、独立開業した時、仕事の受注の見通しも立て易いと思います。
社会保険労務士になるには、試験を受けなければなりませんが、これには大学の一般教養科目修了者、短大、高専の卒業者などの受験資格がありますので、確認しておきましょう。

社会保険労務士資格試験は、「労働基準法・労働安全衛生法」「労働者災害補償保険法」「雇用保険法」「労働保険徴収法」「健康保険法」「国民年金法」「厚生年金法」「労務管理・その他一般常識」「社会保険に関する一般常識」などの科目があります。

社会保険労務士試験は合格定員が決められている試験ではないので、合格基準点以上を取れば、順位に関係なく誰でも合格となります。
合格ラインは各科目最低4割、全体で6~7割以上の正解率が目安です。

合格率は9%前後の狭き門となっています。

試験時期   毎年1回・例年8月第4日曜日
試験地   北海道 、宮城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、石川県、静岡県
       愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、福岡県、熊本県、沖縄県
スポンサーサイト


【関連エントリー】
10/24|国家資格コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
気になるサイト
フリーエリア
My Yahoo!に追加 Add to Google
  • seo
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。