上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【関連エントリー】
--/--|スポンサー広告||TOP↑
公認会計士の資格取得すると、会計や財務、税理ついてのスペシャリストとなり、監査や税務など、会社経営に関する仕事があります。

監査業務は公認会計士の資格取得者だけが行う事のできる業務であり、公認会計士試験に合格した人のほとんどが、まずは監査法人に勤務しています。
監査についての仕事は、企業が決算書類(財務諸表)を作成し、株主や投資家、銀行などに対して自社の財務・経営状態を公表します。企業が作成した決算書が適正に作成されているかどうかを判断する仕事です。その際に監査法人において、株主や投資家などに代わって、利害のない第三者として書類に虚偽や不備がないかを厳正な目で確認し証明します。

次に、税務については、公認会計士に登録することで、税理士資格の取得ができます。一般企業における税理や会計面のスペシャリストとして、実務のアドバイスを行います。
経営についてのコンサルタント業務も専門的知識を持った立場から行う事ができ、将来的に経営者として企業を伸ばしていく事にも関わっていく事ができるでしょう。
公認会計士の資格取得者として、監査法人に勤務した場合、初年度でも年収は700万円前後ぐらいで、5年後には1000万円前後となり、収入面でもたいへん魅力的な仕事です。
2008年度から上場企業には内部統制の制度が義務化され、会計士はかなりの人手不足となっています。
今この時期に公認会計士の資格取得するのはかなり好都合と言えます。
一般企業にも公認会計士の資格を持った人なら、大歓迎で就職できることでしょう。
試験期日 短答式試験 ・5月   論文式試験・8月
試験地 北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、
広島県、香川県、、福岡県、熊本県、沖縄県
試験科目 短答式試験 財務会計論、管理会計論、監査論、
企業法
論文式試験 必須科目 会計学、監査論、企業法。租税法
選択科目
(1科目)
経営学、経済学、民法、統計学
スポンサーサイト


【関連エントリー】
11/01|国家資格||TOP↑
気になるサイト
フリーエリア
My Yahoo!に追加 Add to Google
  • seo
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。