上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--|スポンサー広告||TOP↑
歯科衛生士の資格取得は国家試験になっていて、高等学校卒業後に国の指定する歯科衛生士学校又は、短大で決められた課程を修了していないと受験資格がありません。
専門の学校を卒業しただけでは歯科衛生士の資格習得にはならず、国家試験に合格して初めて歯科衛生士として仕事が出来るのです。
歯科衛生士の資格習得に必要な知識としては、解剖学および生理学、微生物学および薬理学、歯科診療補助ならびに保健指導などがあり、1日かけて試験が行われます。
歯科衛生士の資格取得すると、医師の指示に従い診察の補助や虫歯の予防処置、歯科保健指導などを行う事になりますが、医師のように治療行為を行うのは禁止されています。
歯科衛生士の仕事である虫歯予防処置とは、歯垢や歯石の除去やフッ素を塗るといった処置になります。
歯科衛生士の歯科診察補助は医師の治療をサポートする仕事になり、診療用器具の滅菌や消毒、器具機材の管理などを行う事になります。
老人ホームなどでの口腔ケアの仕事も増えていて、最近では美容歯科、審美歯科も注目されている為、歯科衛生士の資格取得者の需要も増えています。
歯科衛生士の職場として一番多いのは一般の歯科診療所となりますが、保健所や保健センターでの検診などにも需要が多くなっています。
歯科衛生士の資格取得すると歯科治療ではなく、予防を行うことになりますが、口の中だけではなく健康も考える大切な仕事と言えるでしょう。 反面、現在、歯科医師過剰問題が取りざたされていますので、一部では歯科医師削減の方向に進んでいます。徐々に歯科衛生士も過剰になることは否めません。
試験期日 3月 
試験地 北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、
広島県、香川県、、福岡県、沖縄県
試験科目 解剖学及び生理学、病理学、微生物学及び薬理学、 口腔衛生学、
衛生学・公衆衛生学、栄養指導、歯科臨床大要、歯科予防処置、
歯科診療補助並びに保健指導
しろい美しい、自然な歯になるために!審美歯科・セラミック治療
スポンサーサイト

11/05|国家資格||TOP↑
気になるサイト
フリーエリア
My Yahoo!に追加 Add to Google
  • seo
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。