上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--|スポンサー広告||TOP↑
危険物取扱者の資格習得をするためには、各都道府県が実施している財団法人消防試験研究センターで試験を受ける必要があります。
危険物取扱者の資格習得の試験は日本全国で年間2回から4回程度行われていますが、試験日は各センターによって異なるため、問い合わせが必要です。
需要の多い乙種第4類だけは東京でほぼ毎月行われています。

危険物取扱者の資格とは甲種、乙種、丙種の3種類あります。
甲種はすべての種類の危険物の取扱いと立会いができます。
乙種は第1類~第6類の危険物が規定されていて、そのうち自分が免状を持っている類の危険物の取扱いと立会いができます。
丙種は第4類に属する危険物のうちガソリン、灯油、軽油など指定されたものの取扱いができます。しかし、立会いはできなません。

甲種、乙種、丙種の種類によって危険物取扱者の資格習得の受験資格が異なります。
甲種は大学など、化学に関する学科を卒業した人や、化学に関する授業科目を15単位以上修得した人に限定されています。また、乙種の危険物取扱者資格を習得し、実務が2年以上であれば甲種の試験を受けることも可能になっています。
乙種と丙種には特に受験資格の制限がありません。

危険物取扱者の資格取得すると、化学工場やガソリンスタンド、石油を貯蔵している施設など、危険物を貯蔵している機関での仕事が出来るようになります。
危険物を貯蔵している施設での仕事内容としては、その施設での作業や安全点検、整備などが主な業務とされます。

危険物取扱者の資格習得をして、甲種を目指すことで昇格や昇給の期待も出来、需要も多くあるために資格習得を目指す人も多くいます。危険物取扱者の乙種と丙種の合格率は50%ほどと言われていますが、甲種は30%と多少難しくなっています。
スポンサーサイト

10/30|国家資格||TOP↑
気象予報士は1993年の気象業務法が改正され、国家試験として誕生した比較的新しい資格です。
気象予報士の資格習得試験は年1回以上行われ、(財)気象業務支援センターが、気象業務法に基づき気象庁長官の指定(指定試験機関)を受けて行っています。
気象予報士の資格取得試験に受験資格制限はなく、誰でも受験が可能となっているため、年齢問わず受ける人が多くいます。
試験問題については、学科試験は大気力学や熱力学、数値予報といった内容があり、応用力が必要な問題も含まれています。実技試験は図表や文章で解答する形になっていますが、一般的な知識から専門的な知識までが要求されます。

独学で学ぶことも可能ですが、合格率が5~7%が平均だと言われていて、初心者には難しいため、通信教育や専門のスクールで学ぶ方が合格に近づけるでしょう。
気象予報士の資格取得することによって、気象庁からのデータを分析し、自分の判断で気象予報を行うという仕事ができます。
気象学の知識はもちろん、データの分析能力や科学的に予測を行う能力が必要とされます。
気象予報士の資格習得後はテレビのお天気コーナーでの仕事を思い浮かべますが、需要はそれだけではありません。
天気予報を行う為には気象予報士の資格取得者の配置が義務づけられているため、観光業者やレジャー関係の会社にも需要があります。
天候によって売上げが大幅に変わってくるような企業では、気象予報士の資格取得者はとても重要な役割を持っているのです。

試験内容
試験期日    (法では年1回ですが、現在年2回行なわれています)
          1月下旬頃と8月下旬

試験場所    北海道・宮城県・東京都(2箇所)・大阪府(2箇所)・福岡県・沖縄県の
          6都道府県8箇所

試験科目
   学科試験(多肢選択式)
       1、予報業務に関する一般知識
       2、予報業務に関する専門知識
   実技試験
       1、気象概況及びその変動の把握
       2、局地的な気象の予想
       3、台風等緊急時における対応


10/30|国家資格||TOP↑
気になるサイト
フリーエリア
My Yahoo!に追加 Add to Google
  • seo
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。