上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--|スポンサー広告||TOP↑
行政書士は、簡単に言えばあらゆる分野の公的書類を作成する事のできる専門家です。
行政書士は、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者になります。
行政書士を資格取得すると、一般の人にとって身近な法律家として様々な分野に渡っての仕事があります。
行政において福祉行政が重視され、国民生活と行政は多くの面に関連を生じることとなって、その結果、住民等が官公署に書類を提出する機会が多くなっています。
また、、建設業や飲食店などでは各種の許認可や届出が必要な場合が多くあります。
さらに、農地法や産業廃棄物関係、自動車登録関係、帰化、在留資格手続、相続、遺言関係書類などは法律についての知識がないととても難しくて自分で手続するのは無理でしょう。
こういった官公庁へ提出する書類を作成するのが、行政書士の主な資格取得による仕事です。
行政書士の資格取得は、この他に許認可申請の代理や契約書類作成の代理などの代理業務や、顧客からの相談に乗りアドバイスをするコンサルティング業務も行ウことが出来ます。
行政書士の資格取得試験は、憲法、民法、行政法、商法、基礎法学などの法令問題と一般知識の問題があり、法令の一部に記述式がありますが、その他は択一形式の出題となっています。
行政書士資格取得試験は、様々な業務に対応するために出題範囲の幅も広く、これについて勉強する事は社会生活を送る上で有効な知識となるため、行政書士の資格を取得する人以外にも多数受験しています。
また、行政書士の資格取得試験は「社会保険労務士」「中小企業診断士」「公務員試験」などへのステップアップにもなり、国家資格の登竜門とも呼ばれています。
試験日 11月
受験場所 各都道府県
合格率 19年度 8.6%
スポンサーサイト

10/27|国家資格||TOP↑
司法書士の資格取得でする仕事は登記申請が代表的で、他に訴訟代理業務や成年後見業務などがあります。

司法書士の資格取得で出来る代表的業務の登記申請とは、「不動産登記」「商業登記」「法人登記」「船舶登記」などにおいて一定の情報を登記簿という公の帳簿に記録する業務になります。
こういった登記事項は、法律で必ず登記することが義務づけられており、その手続はたいへん複雑なため、登記手続の専門家である司法書士が代わりに手続を行います。
他人の登記申請手続きを業務として行えるのは、司法書士と弁護士に限定されています。

司法書士の資格取得で出来る訴訟代理業務についてですが、2003年4月から司法書士の資格取得者も簡易裁判所において弁護士のように法廷で弁護活動する事ができるようになりました。

司法書士の資格取得にとって、成年後見業務についてですが、高齢者や知的障害者、認知症などによって判断能力が衰え、不動産や預貯金の管理、介護施設への入所契約、遺産分割についての協議など、本人が行うのが難しい場合に不利益とならないように後見しなければならない人を保護する業務もおこないます。

司法書士は身近な法律家として権利、資産などの保全の書類手続きで、高齢化社会では、需要が高まっていく分野だと言えます。
なお、司法書士の資格取得には民法、会社法・商法、不動産登記法、商業登記法の主要4科目と、憲法、刑法、民事訴訟法、民事執行法、民事保全法、供託法、司法書士法のマイナー7科目から出題される5肢択一式の司法書士試験に合格しなければなりません。
司法書士の資格取得の司法書士試験の合格率は例年2.8%前後で、足切り点もある難関の試験になっています。

筆記試験期日 : 7月上旬
口述試験(筆記試験合格者のみ) : 10月上旬

10/27|国家資格||TOP↑
気になるサイト
フリーエリア
My Yahoo!に追加 Add to Google
  • seo
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。