上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--|スポンサー広告||TOP↑
「電気工事士法」によると「電気工事の作業に従事する者の資格および義務を定め、もって電気工事の災害の発生の防止に寄与することを目的とする」とあります。
住宅、工場、ビル等の電気設備について、工事段階で不完全な施工をすると感電、火災等の思わぬ事故の発生する危険性があります。
経済産業省では、こうした電気工事の欠陥による災害の発生(火災や感電などの事故)を防止することを目的として、電気工事士の資格を定め、一定の資格を持った人でなければ電気工事はしてはならないとされています。

電気工事士の資格には、第1種と第2種の2つがあり、第1種は、ビル、工場、デパートなどの500W未満の工事や、第2種で取り扱うことのできる住宅、店舗の工事まで幅広く取り扱うことができます。

電気工事士の第2種は、住宅店舗などの600ボルト以下で受電する一般の設備工事に従事することができます。
このように電気工事士の資格がなければ電気工事を行う事ができません。
生活の中に不可欠な存在である電気の普及に伴って、電気工事士の仕事は非常に多く、求人も常にあります。

ニーズの高い電気工事士は、不況の世の中で働くには大変有利な資格です。
電気工事士免状は住所地の都道府県知事より交付されます。
電気工事士の試験は、マークシートの筆記試験と実技試験の2段階で行われます。
電気工事主任技術者免許を持っている人は第1、2種とも筆記試験を免除されます。
また、高校などで電気工学の課程を修めた人は第2種の筆記試験が免除されています。
また、第1種の免状については、試験合格後3年以上または、5年以上の実務経験が必要となります。
スポンサーサイト

10/25|国家資格コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
気になるサイト
フリーエリア
My Yahoo!に追加 Add to Google
  • seo
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。