上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--|スポンサー広告||TOP↑
歯科衛生士の資格取得は国家試験になっていて、高等学校卒業後に国の指定する歯科衛生士学校又は、短大で決められた課程を修了していないと受験資格がありません。
専門の学校を卒業しただけでは歯科衛生士の資格習得にはならず、国家試験に合格して初めて歯科衛生士として仕事が出来るのです。
歯科衛生士の資格習得に必要な知識としては、解剖学および生理学、微生物学および薬理学、歯科診療補助ならびに保健指導などがあり、1日かけて試験が行われます。
歯科衛生士の資格取得すると、医師の指示に従い診察の補助や虫歯の予防処置、歯科保健指導などを行う事になりますが、医師のように治療行為を行うのは禁止されています。
歯科衛生士の仕事である虫歯予防処置とは、歯垢や歯石の除去やフッ素を塗るといった処置になります。
歯科衛生士の歯科診察補助は医師の治療をサポートする仕事になり、診療用器具の滅菌や消毒、器具機材の管理などを行う事になります。
老人ホームなどでの口腔ケアの仕事も増えていて、最近では美容歯科、審美歯科も注目されている為、歯科衛生士の資格取得者の需要も増えています。
歯科衛生士の職場として一番多いのは一般の歯科診療所となりますが、保健所や保健センターでの検診などにも需要が多くなっています。
歯科衛生士の資格取得すると歯科治療ではなく、予防を行うことになりますが、口の中だけではなく健康も考える大切な仕事と言えるでしょう。 反面、現在、歯科医師過剰問題が取りざたされていますので、一部では歯科医師削減の方向に進んでいます。徐々に歯科衛生士も過剰になることは否めません。
試験期日 3月 
試験地 北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、
広島県、香川県、、福岡県、沖縄県
試験科目 解剖学及び生理学、病理学、微生物学及び薬理学、 口腔衛生学、
衛生学・公衆衛生学、栄養指導、歯科臨床大要、歯科予防処置、
歯科診療補助並びに保健指導
しろい美しい、自然な歯になるために!審美歯科・セラミック治療
スポンサーサイト

11/05|国家資格||TOP↑
ファイナンシャルプランナーは、個人の家族構成や収入や支出、資産状況などのデータをもとにして個人の生涯生活設計上の目的を実現する際に頼りになる資格です。
投資、貯蓄計画、保険や税金対策などの総合的な資産設計を行い、その実行のために援助をする専門家です。
ファイナンシャルプランナーの資格には、AFP(アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー)という日本FP協会が認定する国家資格と、CFP(サーティファイドファイナンシャルプランナー)と呼ばれる日本FP協会がCEP Boardと業務提携して導入されている国際資格で、高い技能と知識を有している人のみに与えられるファイナンシャルプランナーの2つの資格があります。
日本でのファイナンシャルプランナーは日本FP協会が職業能力開発促進法に基づき実施する国家試験であり、同技能検定に合格した者に国家資格「ファイナンシャル・プランニング技能士」の称号が付与されます。

日本でファイナンシャルプランナーの受験資格にはAFP認定研修を終了する事が必要です。
但し、3級FP技能士を持っている人や2年以上のFP業務の実務経験がある人は免除されます。
AFP認定研修では「FPの基礎」「金融資産運用設計」「不動産運用設計」「ライフプランニングリタイアメントプランニング」「リスクと保険」「タックスプランニング」「相続、事業承継設計」「提案書作成」を学びます。
そして、その上でAFP資格試験に学科実技試験ともに6割以上取れれば合格となります。
ファイナンシャルプランナーは、最近とても注目を浴びており、独立すれば高収入、転職の際にもたいへん有利な資格です。

11/02|国家資格||TOP↑
公認会計士の資格取得すると、会計や財務、税理ついてのスペシャリストとなり、監査や税務など、会社経営に関する仕事があります。

監査業務は公認会計士の資格取得者だけが行う事のできる業務であり、公認会計士試験に合格した人のほとんどが、まずは監査法人に勤務しています。
監査についての仕事は、企業が決算書類(財務諸表)を作成し、株主や投資家、銀行などに対して自社の財務・経営状態を公表します。企業が作成した決算書が適正に作成されているかどうかを判断する仕事です。その際に監査法人において、株主や投資家などに代わって、利害のない第三者として書類に虚偽や不備がないかを厳正な目で確認し証明します。

次に、税務については、公認会計士に登録することで、税理士資格の取得ができます。一般企業における税理や会計面のスペシャリストとして、実務のアドバイスを行います。
経営についてのコンサルタント業務も専門的知識を持った立場から行う事ができ、将来的に経営者として企業を伸ばしていく事にも関わっていく事ができるでしょう。
公認会計士の資格取得者として、監査法人に勤務した場合、初年度でも年収は700万円前後ぐらいで、5年後には1000万円前後となり、収入面でもたいへん魅力的な仕事です。
2008年度から上場企業には内部統制の制度が義務化され、会計士はかなりの人手不足となっています。
今この時期に公認会計士の資格取得するのはかなり好都合と言えます。
一般企業にも公認会計士の資格を持った人なら、大歓迎で就職できることでしょう。
試験期日 短答式試験 ・5月   論文式試験・8月
試験地 北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、
広島県、香川県、、福岡県、熊本県、沖縄県
試験科目 短答式試験 財務会計論、管理会計論、監査論、
企業法
論文式試験 必須科目 会計学、監査論、企業法。租税法
選択科目
(1科目)
経営学、経済学、民法、統計学


11/01|国家資格||TOP↑
危険物取扱者の資格習得をするためには、各都道府県が実施している財団法人消防試験研究センターで試験を受ける必要があります。
危険物取扱者の資格習得の試験は日本全国で年間2回から4回程度行われていますが、試験日は各センターによって異なるため、問い合わせが必要です。
需要の多い乙種第4類だけは東京でほぼ毎月行われています。

危険物取扱者の資格とは甲種、乙種、丙種の3種類あります。
甲種はすべての種類の危険物の取扱いと立会いができます。
乙種は第1類~第6類の危険物が規定されていて、そのうち自分が免状を持っている類の危険物の取扱いと立会いができます。
丙種は第4類に属する危険物のうちガソリン、灯油、軽油など指定されたものの取扱いができます。しかし、立会いはできなません。

甲種、乙種、丙種の種類によって危険物取扱者の資格習得の受験資格が異なります。
甲種は大学など、化学に関する学科を卒業した人や、化学に関する授業科目を15単位以上修得した人に限定されています。また、乙種の危険物取扱者資格を習得し、実務が2年以上であれば甲種の試験を受けることも可能になっています。
乙種と丙種には特に受験資格の制限がありません。

危険物取扱者の資格取得すると、化学工場やガソリンスタンド、石油を貯蔵している施設など、危険物を貯蔵している機関での仕事が出来るようになります。
危険物を貯蔵している施設での仕事内容としては、その施設での作業や安全点検、整備などが主な業務とされます。

危険物取扱者の資格習得をして、甲種を目指すことで昇格や昇給の期待も出来、需要も多くあるために資格習得を目指す人も多くいます。危険物取扱者の乙種と丙種の合格率は50%ほどと言われていますが、甲種は30%と多少難しくなっています。

10/30|国家資格||TOP↑
気象予報士は1993年の気象業務法が改正され、国家試験として誕生した比較的新しい資格です。
気象予報士の資格習得試験は年1回以上行われ、(財)気象業務支援センターが、気象業務法に基づき気象庁長官の指定(指定試験機関)を受けて行っています。
気象予報士の資格取得試験に受験資格制限はなく、誰でも受験が可能となっているため、年齢問わず受ける人が多くいます。
試験問題については、学科試験は大気力学や熱力学、数値予報といった内容があり、応用力が必要な問題も含まれています。実技試験は図表や文章で解答する形になっていますが、一般的な知識から専門的な知識までが要求されます。

独学で学ぶことも可能ですが、合格率が5~7%が平均だと言われていて、初心者には難しいため、通信教育や専門のスクールで学ぶ方が合格に近づけるでしょう。
気象予報士の資格取得することによって、気象庁からのデータを分析し、自分の判断で気象予報を行うという仕事ができます。
気象学の知識はもちろん、データの分析能力や科学的に予測を行う能力が必要とされます。
気象予報士の資格習得後はテレビのお天気コーナーでの仕事を思い浮かべますが、需要はそれだけではありません。
天気予報を行う為には気象予報士の資格取得者の配置が義務づけられているため、観光業者やレジャー関係の会社にも需要があります。
天候によって売上げが大幅に変わってくるような企業では、気象予報士の資格取得者はとても重要な役割を持っているのです。

試験内容
試験期日    (法では年1回ですが、現在年2回行なわれています)
          1月下旬頃と8月下旬

試験場所    北海道・宮城県・東京都(2箇所)・大阪府(2箇所)・福岡県・沖縄県の
          6都道府県8箇所

試験科目
   学科試験(多肢選択式)
       1、予報業務に関する一般知識
       2、予報業務に関する専門知識
   実技試験
       1、気象概況及びその変動の把握
       2、局地的な気象の予想
       3、台風等緊急時における対応


10/30|国家資格||TOP↑
介護福祉士は、介護に関する高い知識を持った介護専門の資格です。 介護福祉士資格取得すると、身体的、精神的に障害がある人の食事や入浴、排泄などの身体介護に、調理、洗濯、買い物、掃除などの生活援助といった身の回りのサポートや本人と家族の精神面のフォロー、担当ホームヘルパーの指導などを行うことが出来ます。 社会福祉士がソーシャルワーカーと呼ばれるのに対して、介護福祉士についてはケアワーカーという呼び方があります。 労働者派遣業界の福祉事業への対応が非常に苛酷であることが明らかになり、離職率が高く、派遣業界の利益追求を背景として、給与水準が過酷な労働に対して無茶苦茶に安いという社会問題が浮かび上がっています。 介護福祉士資格取得には、主に次の2つの方法があります。 1つは、ホームヘルパーや施設の介護職員としての実務経験が3年以上あって、国家試験に合格する事です。 介護福祉士資格取得試験は筆記試験と、試験会場で与えられた課題にモデルを使って介護を実施する実技試験とがあります。 実技試験は、筆記試験合格者のみが受けられますが、介護技術講習を終了していると免除されます。 2つめは、介護福祉の専門学校など専門の養成施設で学んで、卒業と同時に資格を取得するという方法です。 介護福祉士は、介護職で唯一の国家資格であり、老人福祉施設、障害者関連施設、在宅サービスなどで活躍しています。 高齢化社会がますます深刻化していくであろう日本では、介護福祉士のニーズは高いのですが、政府の介護の担い手に対しての見方が早く正されなければなりません。そうでないと資格取得を目指す人が減ってきます。
試験期日 筆記試験 ・1月下旬   実技試験・3月上旬
試験地
筆記試験
(23か所)
北海道、青森県、岩手県、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、              新潟県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、 岡山県、
広島県、香川県、 愛媛県、福岡県、熊本県、鹿児島県及び沖縄県
試験地
実技試験
(12か所)
北海道、青森県、宮城県、東京都、石川県、岐阜県、愛知県、大阪府
広島県、香川県、福岡県、熊本県、鹿児島県及び沖縄県
試験科目 (1) 筆記試験
 社会福祉概論、老人福祉論、障害者福祉論、リハビリテーション論、   社会福祉援助技術(演習を含む。)、レクリエーション活動援助法、   老人・障害者の心理、家政学概論、医学一般、精神保健、   介護概論、介護技術及び形態別介護技術
(2) 実技試験
介護等に関する専門的技能
受験資格 (1) 特別養護老人ホームや介護老人保健施設の介護職員など、主たる業務が介護等の業務である方、介護保険の指定訪問介護事業所の訪問介護員(ホームヘルパー)、療養病床の病棟の看護補助者などで、介護等の業務に従事(在職期間が3年以上、実働日数が540日以上)した方
(2) 高等学校又は中等教育学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した方


10/28|国家資格||TOP↑
社会福祉士は、ソーシャルワーカーとも呼ばれ、この資格を取得すると、地域包括支援センターや在宅介護支援センター、社会福祉施設、老人保健施設、社会福祉協議会、児童相談所、病院などで、日常生活に支障がある人たちの相談にのり、問題解決を援助していく仕事をすことが出来ます。
社会福祉士の資格は、国家資格ですが医師や弁護士のように「業務独占」の資格でなく、「名称独占」の資格になります。資格をもたない者が、「社会福祉士」という名称を勝手に使用してはならないということで、この資格取得しないとこの仕事に就けないというのではありません。

しかし、「社会福祉士及び介護福祉士法」では、社会福祉士とは「専門的知識及び技術をもって身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行う事を業とする者と記されております。

社会福祉士の資格は福祉系の資格の中では専門職として最上位の国家資格となっています。

社会福祉士資格を取得するためには、社会福祉士国家試験に合格しなければなりません。
この社会福祉士の国家試験には福祉系の大学で指定科目を履修するか、一般4年制大学卒業後又は、実務経験4年以上で一般の養成施設を卒業するなどの受験資格が必要です。

社会福祉士は、今後高齢化社会が進む日本では資格取得者が重視され、活躍の場も増える一方だと考えられています。
思いやりとやさしさを持ち、福祉の世界で働きたいと考えている人なら社会福祉士の資格を取得するとその専門職としての水準の高さを示す事ができ、たいへん将来的に有利となることでしょう。
試験期日 1月下旬
試験地
(23か所)
北海道、青森県、岩手県、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、              新潟県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、 岡山県、
広島県、香川県、 愛媛県、福岡県、熊本県、鹿児島県及び沖縄県
試験科目 社会福祉原論、社会保障論、公的扶助論、地域福祉論 心理学、社会学、
法学、医学一般、老人福祉論、 障害者福祉論、児童福祉論、社会福祉援助技術及び介護概論
受験資格 (1)  4年制大学で指定科目を修めて卒業した方
(2)  2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設に おいて 2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した方
(3)  社会福祉士短期養成施設(6月以上)を卒業(修了)した方
(4)  社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業(修了)した方
(5)  児童福祉司、身体障害者福祉司、福祉事務所の査察指導員、 知的障害者福祉司及び老人福祉指導主事であった期間が5年以上ある方


10/28|国家資格||TOP↑
行政書士は、簡単に言えばあらゆる分野の公的書類を作成する事のできる専門家です。
行政書士は、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者になります。
行政書士を資格取得すると、一般の人にとって身近な法律家として様々な分野に渡っての仕事があります。
行政において福祉行政が重視され、国民生活と行政は多くの面に関連を生じることとなって、その結果、住民等が官公署に書類を提出する機会が多くなっています。
また、、建設業や飲食店などでは各種の許認可や届出が必要な場合が多くあります。
さらに、農地法や産業廃棄物関係、自動車登録関係、帰化、在留資格手続、相続、遺言関係書類などは法律についての知識がないととても難しくて自分で手続するのは無理でしょう。
こういった官公庁へ提出する書類を作成するのが、行政書士の主な資格取得による仕事です。
行政書士の資格取得は、この他に許認可申請の代理や契約書類作成の代理などの代理業務や、顧客からの相談に乗りアドバイスをするコンサルティング業務も行ウことが出来ます。
行政書士の資格取得試験は、憲法、民法、行政法、商法、基礎法学などの法令問題と一般知識の問題があり、法令の一部に記述式がありますが、その他は択一形式の出題となっています。
行政書士資格取得試験は、様々な業務に対応するために出題範囲の幅も広く、これについて勉強する事は社会生活を送る上で有効な知識となるため、行政書士の資格を取得する人以外にも多数受験しています。
また、行政書士の資格取得試験は「社会保険労務士」「中小企業診断士」「公務員試験」などへのステップアップにもなり、国家資格の登竜門とも呼ばれています。
試験日 11月
受験場所 各都道府県
合格率 19年度 8.6%

10/27|国家資格||TOP↑
司法書士の資格取得でする仕事は登記申請が代表的で、他に訴訟代理業務や成年後見業務などがあります。

司法書士の資格取得で出来る代表的業務の登記申請とは、「不動産登記」「商業登記」「法人登記」「船舶登記」などにおいて一定の情報を登記簿という公の帳簿に記録する業務になります。
こういった登記事項は、法律で必ず登記することが義務づけられており、その手続はたいへん複雑なため、登記手続の専門家である司法書士が代わりに手続を行います。
他人の登記申請手続きを業務として行えるのは、司法書士と弁護士に限定されています。

司法書士の資格取得で出来る訴訟代理業務についてですが、2003年4月から司法書士の資格取得者も簡易裁判所において弁護士のように法廷で弁護活動する事ができるようになりました。

司法書士の資格取得にとって、成年後見業務についてですが、高齢者や知的障害者、認知症などによって判断能力が衰え、不動産や預貯金の管理、介護施設への入所契約、遺産分割についての協議など、本人が行うのが難しい場合に不利益とならないように後見しなければならない人を保護する業務もおこないます。

司法書士は身近な法律家として権利、資産などの保全の書類手続きで、高齢化社会では、需要が高まっていく分野だと言えます。
なお、司法書士の資格取得には民法、会社法・商法、不動産登記法、商業登記法の主要4科目と、憲法、刑法、民事訴訟法、民事執行法、民事保全法、供託法、司法書士法のマイナー7科目から出題される5肢択一式の司法書士試験に合格しなければなりません。
司法書士の資格取得の司法書士試験の合格率は例年2.8%前後で、足切り点もある難関の試験になっています。

筆記試験期日 : 7月上旬
口述試験(筆記試験合格者のみ) : 10月上旬

10/27|国家資格||TOP↑
宅建と簡略して呼称する資格は宅地建物取引主任者のことです。この宅建の資格を取得すると、宅建主任者として不動産業界で不動産の売買や交換、貸借契約の仲介を行う事ができます。
不動産取引では契約締結の際の重要事項説明などは、宅建主任者しか行う事ができず、不動産業界での勤務には欠かせません。
また、宅建主任者には従業員5人に1人以上の割合で宅建業者に必要な資格で、資格を取得すれば不動産業界への転職には有利になります。また不動産業を興すには必要な資格です。
また、不動産業界以外にも金融業において、不動産を担保として扱う場合に宅建の資格を取得すると不動産の評価にその知識を生かすことができます。
さらに、一般企業でも宅建の資格は、会社が持っている不動産を有効活用したり出来ますし、自分自身にとっても、資格を取得していると、日常生活においてマイホームを建てる際に適正な取引が行う事ができたりと、宅建の専門知識を生かすことが可能です。

宅建の資格取得の試験は、4つの選択肢の中から1つを選ぶ形式で50問あります。
年齢や学歴は不問のため、誰でも気軽に受験できます。
また、出題分野の傾向をつかみ、集中して勉強すれば短期間での資格取得も可能でしょう。
不動産業界を目指していない人でも、ファイナンシャルプランナーや司法書士、行政書士、土地家屋調査士といった人気のある資格へのステップアップになりますので、宅建の資格取得に挑戦してみると良いでしょう。

10/26|国家資格コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
気になるサイト
フリーエリア
My Yahoo!に追加 Add to Google
  • seo
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。