上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--|スポンサー広告||TOP↑
歯科技工士とは、入れ歯などの義歯や差し歯などの制作や、矯正装置の制作、修理を行う医療技術者です。歯科技工士の資格を取得すると、歯科医のパートナーとして歯科医療の専門技術者として活躍することになります。
歯科医からの指示書によって仕事を行う事が多く、現代の歯科医療にかかせない職業となっています。
歯科技工士の資格習得には実習を受け、厚生労働省が定める試験を受験し、合格する必要があります。
歯科技工士の資格取得試験は各都道府県で年に1回行われ、学科試験と実務試験を2日間にわたって受けることになります。
受験資格は.文部科学大臣、厚生労働大臣の指定した歯科技工士学校・養成所を卒業した者となっています。
試験内容は都道府県で異なっているようです。
試験に合格した後、保健所に届けを提出して歯科技工士名簿に登録が行われます。
歯科技工士の資格を習得し、登録が行われれば仕事をはじめることが出来るのですが、就職先も様々あるようです。
一般の歯科診療所では歯科医師と歯科技工士が仕事を分担して行っているため、差し歯や矯正器具を実際に使用する患者に触れることも出来るというメリットがあります。
歯科大学の病院などにも歯科技工士の需要があり、高度な技術と知識が要求される職場になっています。
歯科医からの依頼によって制作する歯科技工所は資格を習得していれば開設する事が可能です。
ですから多くの歯科技工士の夢は、独立して歯科技工所を開業したいということでしょうが、歯科技工士の資格習得後にすぐ開業する人はあまりいなくて、歯科技工所で経験を積み、技術を磨いてから独立するといったケースが多くなっています。

白く美しい歯に!審美歯科・セラミック治療
スポンサーサイト

11/03|未分類||TOP↑
気になるサイト
フリーエリア
My Yahoo!に追加 Add to Google
  • seo
フリーエリア
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。